2022年 最先端BOツール「Benefit Duo」

【イラスト解説】ダウ理論は勝てない?トレード手法と6つの基本法則

この記事は約8分で読めます

6つの法則から成り立つダウ理論。トレンド転換サインや、トレンドフォローの利確ポイントの選定などに使われています。「ダウ理論を使わなければ勝てない」「ダウ理論を理解して驚くべきほどのに相場環境認識ができるようになった」と言わしめるほど、多くのFX、バイナリートレーダーに愛されています。その一方で、理論の中には不完全な部分や机上の空論的な部分も存在します。

サイキックス
サイキックス

ダウ理論の仕組み、本質的な部分からFXやバイナリーでの実践的なトレードへの落とし込み方をイラスト付きでわかりやすく解説します。

ダウ理論の6つの原則

ダウ理論とは

ダウ理論の6つの基本法則
  1. 格(平均株価)は全ての事象を織り込む
  2. トレンドは短期・中期・長期の3つに分類される
  3. 主要なトレンドは3つの段階から形成される
  4. 価格は相互に確認される必要がある
  5. トレンドは出来高でも確認される必要がある
  6. トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

ダウ理論とは…

チャールズダウが1889年に考案した、主にトレンド相場を中心に相場の値動きのクセを6つの基本法則で説明したトレード理論になります。

サイキックス
サイキックス

ダウ理論は、FXやバイナリーのためのテクニカル分析において「全てのテクニカル分析の基礎」とも言われていて、100年以上の長い歴史を持ちます。

1. 価格(平均株価)は全ての事象を織り込む

ダウ理論の”価格(平均株価)はすべての事象を織り込む”とは、言い換えるとテクニカル分析のみで将来を予測できる、ということです。為替は、景気動向、金利・物価、国際収支などのファンダメンタルズの影響を少なからず受けています。

政府が発表する経済統計や企業の業績・更には自然災害の様な予測不可能な事象に至るまで、需給に関するあらゆる事象は全て市場価格に織り込まれる。市場価格はあらゆるファンダメンタル(材料)の反映であるという考えであり、その意味で効率的市場仮説の主張に基づいた考えとも言える。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ダウ理論

為替が変動する理由は、これらの情報が直接的に価格を上げてたり下げたりするわけではなく「その情報をもとに売買をする投資家がいるから」であり、投資家心理は全てチャートに反映されているだろうというのがダウ理論の考え方です。

サイキックス
サイキックス

大きな急落急騰を起こす要因となるフラッシュクラッシュや〇〇ショックと呼ばれる現象は、特に前兆なく突発的に起こります。これらの値動きもいずれ価格に織り込まれ、チャートは正常な形に戻ってきます。経済指標、大きなニュースなどは時間経過によって全てチャートに織り込まれていきます。

2. 主要トレンドは3種類からなる

ダウ理論では、価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重視する。そのトレンドを以下の3つに分類している。これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ダウ理論

ダウ理論ではトレンドを主要トレンド(長期)、二次トレンド(中期)、小トレンド(短期)の3つに分類し、この大、中、小3つのトレンドをみることで、より精度を高くトレンドの波に乗ることができると考えられています。

主要トレンド(長期)1年〜数年
二次トレンド(中期)3週間〜数ヶ月
小トレンド(短期)3週間未満

トレードに取り込むにあたって気をつけなければいけない点としては、利幅を伸ばすことができるダウ理論が開発された当時と比べて、現在のチャートはトレンドができてから終わるまでのスピードが極めて早くなっている点です。数年単位、数ヶ月単位よりも小さい単位でトレンドを3つに分けて考えてあげなくてはならない。これをテクニカル分析に取り入れたのが、複数の時間軸でチャートを分析するMTF分析(マルチタイムフレーム)となります。

3. 主要なトレンドは3つの段階から形成される

ダウ理論ではトレンドには以下の3つの段階があると考えています。

第1段階先行期
第2段階追随期
第3段階利食い期

先行期

市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる”底値買い”をする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ダウ理論
先行期のチャートの状態

レンジ、ペナント、ジリ上げのような状態

追随期

追随期 は、先行期 でのジリ上げ、もしくは底値固めの停滞に反応した投資家が買いを入れ、市場全体がその動きに追随し価格が大きく上昇します。

追随期のチャートの状態
  • 徐々にトレンドに角度がついてくる
  • ある程度明確なトレンドが発生している

利食い期

価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ダウ理論
追随期のチャートの状態

誰が見ても明白なトレンドが発生している

サイキックス流トレンドの段階

第1段階:底値固め 
第2段階:初期のトレンド形成
第3段階:トレンドが明確に形成
第4段階: 天井圏/底値圏

サイキックス
サイキックス

底値固めが終わってトレンドが明確に発生し始める追随期の「前半」と「後半」ではエントリーの手段も市場のポジションの状態も明確に異なります。(前半は積極的に順張りを狙っていくべきだが、後半は条件による)

4. 価格は相互に確認される必要がある

複数の平均的指標が存在する場合、その両者に同じシグナルが見られないなら明らかにトレンドとして捉えることは出来ないと考える。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ダウ理論

あんまり重要ではないので割愛します。

サイキックス
サイキックス

40%の同意です。が、FXのスキャルピング、バイナリーの場合には他通貨を意識しすぎない方が良いと考えています。意味のないノイズに惑わされて、エントリーが遅くなっちゃうだけでなんで。

5. トレンドは出来高でも確認される必要がある

複数の平均的指標が存在する場合、その両者に同じシグナルが見られないなら明らかにトレンドとして捉えることは出来ないと考える。もっともシグナルが同時期に出現する必要はないものの、直近においてシグナルが発生していればトレンドとして捉えるべきであり、且つ可能な限り同時期に近ければ確定的としている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ダウ理論

”トレンドは出来高でも確認される必要がある”という理論をFXおよびバイナリーオプション取引に、そのまま取り込むことは極めて難しいと言えるでしょう。理由としては、為替市場では出来高を正確に追うことができないからです。ダウ理論は、元々株取引のための理論ですが、株取引は原則として全ての売買が1つの市場(プライム銘柄であれば東京証券取引所、米株であればニューヨーク証券取引所など)を介して取引されることが前提となっています。しかし、為替においては世界中に点在する銀行や証券会社がそれぞれ取引を行なっているため、リアルタイムでデータを集計することはできないのです。

しかし、ダウ理論の考え方を元に出来高を自分なりに推測してテクニカル分析に応用することで、より高い精度でトレードを行うことができます。

ダウ理論流:出来高がテクニカルに与える影響
  • 出来高が伴わない短期間の上昇はダマしで終わる可能性が高く、ラインでもただのフェイクブレイクの可能性が高い
  • 出来高を伴ったトレンドが発生が発生した際に、トレンドの進行に合わせ、出来高が減少している場合にはトレンドの終了を示していることが多い
出来高を見る時の注意点

MT4で出来高を表すインジケーターであるボリューム(volume)で表示される出来高は「擬似出来高」であり、本来の出来高を表す指標ではないため、株式取引の出来高と混同しないように注意。

6. トレンドは明確な転換シグナルが出るまで継続する

ダウ理論ではトレンドは明確な転換シグナル(上昇トレンド時の前回安値割れ、下降トレンド時の前回高値超え)が出るまではトレンドは継続をしていると考えています。

ダウ理論の転換サインとは?

サイキックス
サイキックス

ここが一番誤解されやすところで、ここをそのまま真に受けているようであれば、一生養分のままです。

ダウ理論の核心とも言えるところが現代において明確に勘違いを行なっています。

何故ならばトレンドの終了サインである「明確な転換シグナル」は高値や安値を割ったところではないからです。

前回高値安値は意識されます。ただそこで明確なポジションの偏りが生まれたり、転換地点となるような追加のエントリーが入るような場所ではありません。

この多くの人が前回高値超え/安値割れを「明確な転換サイン」だと捉えているからこそ、「ダウ理論が勝てない」と言われる所以になります。

ダウ理論のトレードの注意点

サイキックス
サイキックス

ダウ理論は当たり前のことを言っているだけで実用性がない部分が結構あります。

例えば「トレンドは出来高でも観測される必要がある」これは当たり前のことで「上昇トレンドは買いが強い」と言われているようなもんです。

例えば「上昇トレンドは買いが強い」これは当たり前ですが、だからって上昇トレンドで闇雲にロングしたら負けるの想像つきません?

じゃあ具体的にそれを判断するにはどうすれば良いか?
それについてはダウ理論には記載されてはいないのです。

ただこの当たり前で凡庸性が高いことをいいことに、
他のFXサイトでは「ダウ理論の本質」が3流トレーダーの変な解釈でねじ曲がて伝えられていることも多いので注意しましょう。

ダウ理論のインジケーター

サイキックス
サイキックス

ダウ理論に特化した高値安値を可視化できるZigZagインジケーターを無料配布しているので、良ければどうぞ

ダウ理論まとめ

サイキックス
サイキックス

ダウ理論とは何か?を見る時にただ前回高値/前回安値だけをダウ理論だと思ってトレードしていませんでしたか?

  • 流行っている手法だから勝てる
  • 王道の手法だから勝てる
    なんてことは投資の世界ではありません。

ダウ理論の本質的な部分を理解し、実際に手法に組み込むにはどう落とし込めば良いのかを自分の頭で考えられるようになりましょう。