プロが使う2024年為替カレンダーを無料配布中

【通貨相関性】2通貨ペアを1画面に表示させるMT4インジケーター

この記事は約5分で読めます

1つの通貨ペアでのトレードを極めた後、トレードの利益をもっとあげるためには、複数の通貨ペアを同時に見ることが必要です。複数の通貨ペアをみることで、経済指標の後のチャートの動き、機関投資家が突発的に大口エントリーをいれたなどの相場の異常事態に気づきやすくなり、資産を守ることができます。

サイキックス
サイキックス

2つの通貨ペアを同じチャートに表示し、通貨相関性を瞬時に見ることができるインジケーターを配布します。

2通貨相関性インジが出来ること
  • 1つのチャートに2つの通貨ペアを表示できる
  • 通貨ペアを反転させたローソク足チャートを表示できる

2通貨相関性インジケーター

緑が元々表示されている通貨ペア
水色と白がインジケーターで追加表示された通貨ペア

「Saikix-2Pair.ex4」は1つの通貨ペアに2通貨のチャートを表示させることができる複数通貨同時監視インジケーターです。

2つの通貨を1つのチャートにまとめることで、他通貨を見ながらのトレードはもちろん、通貨相関性、逆相関性を一目で確認できます。ku-chart、相関係数など通貨強弱を表すインジケーターは無数にありますが、通貨ペア同士の相関性は、時間足や時間帯よって全く異なります。分散投資をしたい場合、複数の通貨ペアを考慮した通貨相関トレードを行う場合、実際に2つに通貨ペアを同時に表示させて、リアルタイムでどれだけ似ているプライスアクションをしているのかをみることが、急激な値動きの変化にも瞬時に気づくことができ、最も優れた手段です。

サイキックス
サイキックス

日経225やNYダウを表示できるMT4業者であれば「1画面で先物の値動きを見ながらドル円をトレードする」といった具合にアレンジ可能です。

2通貨相関性インジケーターの使い方

各種パラメーター

多通貨ペアトレードを行う際に「メインの通貨ペアの補助として他の通貨ペアをみてるだけで、補助の通貨ペアをトレードしたいわけではない」という場合がよくあるかと思います。そんな時には2通貨ペア同時表示インジケーターを使うことで、メイン通貨ペアとあわせて他の通貨ペアを同じチャートに表示することができ、より効率的にトレードを行うことができます。

パラメーターの解説
  • 通貨ペア…通貨ペアの選択
  • 陽線…陽線の色選択(上昇ローソク足)
  • 陰線…陰線の色選択(下降ローソク足)
  • 反転…追加表示させる通貨ペアの反転機能

通貨ペアの設定

「EUR/USD」(ユロドル)に対して「USD/JPY」(ドル円)を重ねて表示させています。
サイキックス
サイキックス

「通貨ペア」に相関関数を表示させたい通貨ペアを打ち込むことで好きな通貨ペアを表示できます。

「通貨ペア」の部分に重ねて表示させたい通貨ペアを入力することで、自由に通貨ペアを変更することができます。

通貨ペアを打ち込むルール

FX業者(MT4業者)によって「USDJPY-a」といったように通貨ペア名が一部特殊な場合があります。その時にはパラメーターでその業者の通貨ペアを正しく打ち込む必要があります。
通貨ペアを入力する際は、「/」(スラッシュ)なしで半角の大文字アルファベットで入力する必要があります。

  • 良い例…USDJPY
  • ダメな例…usd/jpy, usdjpy, usdjpyなど

通貨ペアを反転させて表示させる(逆相関)

「EUR/USD」(ユロドル)に対して「USD/JPY」(ドル円)を反転表示させています。

「反転」の部分を「true」にすることで重ねて表示させる通貨ペアを反転表示させることができます。

サイキックス
サイキックス

逆相関性が強い通貨ペア(一方の通貨ペアが上昇するとき、もう一方の通貨ペアが下落しやすい関係性の通貨ペア)を表示させる時などに使えます。

無料ダウンロードはこちらから【MT4】

クリックするとダウンロードできます。
(サイト内完結、登録不要)

MT4インジケーターの導入手順
  1. インジケーターをダウンロードし、コピーする(ex4かmq4)
  2. MT4内部フォルダの「Indicator」フォルダを開き、ペーストする(MetaTrader4→MQL4→Indicators)
  3. MT4を再起動する
  4. 右上メニューバー「挿入」→「インディケーター」→「カスタム」→「いれたいインジケーター」を選択し、導入完了

2通貨相関性インジケーターと合わせて使いたいインジケーター

FX通貨ペアの相関係数がみれるインジ

通貨相関性を表す「相関係数」というテクニカル指標があります。相関係数を表示させると、2つの通貨ペアがどれくらい似たような動きをしているのか、もしくはどのくらい真逆な動きをしているのかというのを数値化することができます。本来相関係数が高い通貨ペアの相関が外れる時=相関係数が下がった時には、急騰やトレンド形成されることも珍しくありません。相関係数インジケーターでは、相関係数をヒストグラムとしてサブウィンドウに表示してくれます。

爆速でトレンドラインやボックスを引ける超効率インジ

2通貨相関性インジケーターをお使いになられるということは、複数の通貨ペアを同時に分析する高度なトレードをされているということだと思います。複数の通貨ペアをまたいで裁量トレードをする時、最大の関門となるのは、チャートに情報が多過ぎて脳内で処理しきれずに細かいミスが多発してしまうということです。このインジケーターでは、MT4でラインを引く際に色分け、太さ分けが簡単にでき、チャートの情報を簡単に整理することができるため、トレードのケアレスミスを大きく減らすことができます。

2通貨相関性インジケーターまとめ

サイキックス
サイキックス

「Saikix-2Pair.ex4」は通貨相関性/逆相関性を見る時にはもってこいのインジケーターです。ぜひお使いください。

サイキックスオリジナルインジケーターなので「ここをこうしてほしい」といった要望や改善点などがあればお気軽にLINEしてください。役に立ったと思ったらブログnoteのサポートをしてくれると嬉しいです。