2021年最先端BOツール「Benefit」について

【これが無料?】移動平均線乖離率インジケーター|MT4対応

この記事は約6分で読めます

移動平均線乖離率は移動平均線と現在価格がどれだけ離れているかを表すトレンド系テクニカル指標です。移動平均線乖離を元に買われすぎ売られすぎの判断、「10%超えたら、反転するだろう」という形でレジサポの判断ができると言われています。

サイキックス
サイキックス

移動平均線乖離率インジケーターを無料配布します。日本人が開発し、完全日本語対応なので、FX、バイナリー初心者でも安心して使うことができます。

移動平均線乖離インジケーター

サイキックス
サイキックス

「Saikix-Kairi.ex4」は移動平均線乖離率をサブウィンドウに表示するインジケーターです。

移動平均線乖離率というテクニカル指標は、国内で主に株の分析で2000年初頭から使用されてきた長い歴史を持ちますが、為替、先物分析ではほとんど使われず、広まってきませんでした。MT4でも初期搭載されていなかったので純正の移動平均線乖離率インジケーターを開発しました。

移動平均線乖離率とは

移動平均線乖離率とは…現在価格が移動平均線に対して何パーセント離れているかを示すトレンド系テクニカル指標。

移動平均線乖離率は「ローソク足と移動平均線の関係性」をみるインジケーターであり、移動平均線を使っていることからトレンド系テクニカル指標に分類されますが、移動平均線乖離率の水準から「買われすぎ売られすぎ」の逆張り水準の算出にも使われるなどオシレーターの性質も持ち合わせています。一般的には、単純移動平均線(期間5)の乖離率10%、単純移動平均線(期間25)で20%以上離れると、買われすぎ売られすぎ水準であり、将来ローソク足が移動平均線に近づく動きをする可能性がある(買われすぎ水準から適正水準に戻る)と言われています。

サイキックス
サイキックス

移動平均線の見るべきポイント、移動平均線乖離率を使ったトレード方法などはこちらで解説しています。

【決定版】移動平均線MT4インジケーター7選|アラート、MTF、パーフェクトオーダー

移動平均線乖離インジケーターの使い方

移動平均線乖離率のパラメーター

サイキックス
サイキックス

移動平均線の種類(SMAやEMA)や期間はカスタム可能です

移動平均線の種類

移動平均乖離率の算出に使用する移動平均線(MA)の種類を4種類の移動平均線を自由に選ぶことができます。一般的には、単純移動平均線(SMA)が使われ、次に指数移動平均線(EMA)が用いられます。4時間足、日足レベルの長期足分析ではSMAが使われることが多いですが、15分足、1時間足の短めの時間足、もしくはパラメーター(期間)が短い場合にはEMAが採用される傾向があります。

移動平均線の種類のパラメーター

「0」…SMA(単純移動平均線)「1」…EMA(指数平滑移動平均)「2」…SMMA(平滑移動平均線) 「3」… LWMA(線形加重移動平均線)

移動平均線の適用価格

移動平均線を算出する適用価格を選ぶことができます。99%以上のトレーダーが終値ベースで移動平均線をチャートに表示させており、特にこだわりがなければ初期設定のCLOSE(終値)で良いと思います。

移動平均線の適用価格パラメーター

「0」…CLOSE(終値)「1」…OPEN(始値)「2」… HIGH(高値) 「3」… LOW(安値)

移動平均線乖離率の使い方

AUD/JPY(オジ円) 15分足

移動平均乖離率が低いチャート

移動平均線乖離率には、上限と下限が設けられていません。相場の過熱感を測る際には、RSIのように「70%だから買われすぎ」「30%だから売られすぎ」といった決まった水準で買われすぎ売られすぎを判断せず、「この期間のこの種類の移動平均線に対しては、何%乖離していると行き過ぎた」と個別にご自身で判断する必要があります。

そういった意味で、移動平均線乖離率というのは、他の代表的なインジケーターと比べて使うのにテクニックが求められるため、名前が有名な割に使用しているトレーダーが少ないテクニカル指標となります。

AUD/JPY(オジ円) 1時間足

移動平均乖離率が高いチャート

無料ダウンロードはこちらから【MT4】

クリックするとダウンロードできます。
(サイト内完結、登録不要)

MT4インジケーターの導入手順
  1. インジケーターをダウンロードし、コピーする(ex4かmq4)
  2. MT4内部フォルダの「Indicator」フォルダを開き、ペーストする(MetaTrader4→MQL4→Indicators)
  3. MT4を再起動する
  4. 右上メニューバー「挿入」→「インディケーター」→「カスタム」→「いれたいインジケーター」を選択し、導入完了

おすすめ移動平均線インジケーター集

パーフェクトオーダーで矢印が出る順張りサインツール

【バイナリー】パーフェクトオーダーで矢印が出る順張りサインツール

3つの期間の異なる移動平均線が「すべて上向き」「短期移動平均線→中期移動平均線→長期移動平均線」の順番での並んだ状態であるパーフェクトオーダー。王道のトレンドフォロー手法として長い歴史を持つ「パーフェクトオーダーになったら順張りエントリー」という手法をシグナルにしてみました。

MTF移動平均線

マルチタイムフレーム対応移動平均線をMT4に表示させる方法【EMA】

トレンドフォローでエントリーしようとして負けるとき、長期足のトレンドは逆で、一時的な押し目にすぎなかったということはよくあります。短期足トレンドと長期足トレンドの食い違いを防ぐために上位足の移動平均線を短期足に表示させてくれるインジケーターを作りました。

移動平均線のゴールデンクロスサインツール

移動平均線のゴールデンクロスとデットクロスでアラート&シグナル出現MT4インジケーター

短期移動平均線が長期移動平均線を下から上にクロスして抜けることによって起こる「ゴールデンクロス」。これからトレンドの始まる予兆として使われる古典的手法である移動平均線のゴールデンクロスとデットクロスをシグナルツール化しました。

移動平均線乖離まとめ

サイキックス
サイキックス

移動平均線を使った取引では「上と下どちらに向いているか」くらいで判断されてしまうことが多いですが「角度」「乖離率」をしっかり数値化して条件付けしてあげることで移動平均線のポテンシャルを最大まで高めたトレードを行うことができます。

サイキックスオリジナルインジケーターなので「ここをこうしてほしい」といった要望や改善点などがあればお気軽にLINEしてください。役に立ったと思ったらブログnoteのサポートをしてくれると嬉しいです。