2021年最先端BOツール「Benefit」について

【超便利】爆速でトレンドラインや水平線を引けるMT4インジケーター

この記事は約4分で読めます

ライントレードで水平ライン、トレンドライン、ボックス(長方形)を引くときに、全て同じ色だと「どこに対して引いたラインなのかわからなくなってしまうこと」が多々あります。ライントレーダーにとってラインでのミスを減らすことは最優先になります。

サイキックス
サイキックス

ライントレードを今までの何倍も効率化させ、直感的に引けるインジケーター「Saikix-LINE.ex4」を配布します。サイト下から無料で誰でもダウンロードすることができます。

ライントレード拡張インジケーター

Saikix-LINE.ex4色別でトレンドラインやボックスを引けるツールバーを表示し、MT4の機能を拡張してくれるインジケーターです。右上のツールバーからクリックすることで指定の色のボックスやトレンドラインがすぐに引けます

ラインツールバーの内訳

サイキックス
サイキックス

こちらはロシア人エンジニアのomutmorenさんが開発されたインジケーター「Color Levels.ex4」を日本語化させたものになります。敬意を込めて本家のリンクも貼っておきます。

参考 本家のロシア語版MQL5

ライントレード拡張インジケーターの使い方

Step1 インジケーターを導入

インジケーターを導入すると右上にツールバーが表示されます。

  • 白丸が枠のみのボックス(ゾーン)
  • 水色丸が塗りつぶしボックス(ゾーン)
  • 黄色丸がトレンドライン(斜め線)

Step2 右上ツールバーをクリック

解説用にすべてクリックした状態

こんな感じで下に指定のボックスやトレンドラインが自動で引かれますので、あとはラインを引きた場所に移動させるだけになります。

サイキックス
サイキックス

時間軸によってラインの色を色分けした時に役に立ちます

拡張インジケーターを使わないでラインを引く場合

サイキックス
サイキックス

通常トレンドラインやボックスを引いて色を変えたい時にはその都度「オブジェクト付近で右クリック」→「プロパティ」→「全般」で色を変更する必要があります。

ただインジケーターを使うとワンクリックで色分けしたラインを引けるので非常に効率的です。

【バイナリー】自動で前日高安と市場ごとに色分けしてくれるインジケーター

各種パラメーター

パラメーターの解説
  • ツールバーの位置
  • ツールバーの色
  • ツールバーの背景
  • ボックス1の色
  • ボックス1のスタイル
  • ボックス1の太さ
  • ツールバーのX座標
  • ツールバーのY座標
サイキックス
サイキックス

色とスタイル、太さなどのビジュアルに関する部分とツールバーの位置をご自身で選択頂けるようになっています。

非公開: 【2020年購入者の評判】Benefitについて洗いざらい公開します。

無料ダウンロードはこちらから【MT4】

クリックするとダウンロードできます。
(サイト内完結、登録不要)

MT4インジケーターの導入手順
  1. インジケーターをダウンロードし、コピーする(ex4かmq4)
  2. MT4内部フォルダの「Indicator」フォルダを開き、ペーストする(MetaTrader4→MQL4→Indicators)
  3. MT4を再起動する
  4. 右上メニューバー「挿入」→「インディケーター」→「カスタム」→「いれたいインジケーター」を選択し、導入完了

まとめ【ライントレードは効率と視覚性が命】

サイキックス
サイキックス

日々ラインを何本も引くと「毎回引くの面倒」「ラインどこに対して引いたのか忘れる」などの問題に直面します。
できるだけ効率的かつ視覚的にラインを引き、質の高いトレードを行いましょう

サイキックスオリジナルインジケーターなので「ここをこうしてほしい」といった要望や改善点などがあればお気軽にLINEしてください。役に立ったと思ったらブログnoteのサポートをしてくれると嬉しいです。