バンドウォーク予測インジケーター「Bandwalk 2.0」正式リリース

【Ku-Chart】アラート機能を搭載した通貨強弱インジケーター無料公開

この記事は約7分で読めます

どの通貨ペアでエントリーすれば勝てるかわからない。という問題はトレーダーが日々直面する悩みです。今日はどの通貨ペアが勝ちやすいかは日によって、逆張りか順張りかによっても異なります。通貨強弱をみることで、トレンドが出やすい相性がいい通貨ペアを客観的な数値でみることができ、勝率が高く利益をあげやすい通貨ペアを見つけることができます。

サイキックス
サイキックス

MT4でドル、ユーロなど幅広い通貨ペアの強弱を見ることができるMT4カスタムインジケーター「Ku-Chart」を無料配布します。

インジケーターで出来ること
  • トレードしやすいおすすめの通貨ペアを教えてくれる
  • ドル、円、ユーロなど主要通貨ペアの通貨強弱がわかる
  • 指定の通貨ペアが強くなったタイミングでアラート、スマホ通知、メール通知できる

通貨強弱インジケーター「Ku-Chart」

サイキックス
サイキックス

「Saikix-Ku-Chart.ex4」は通貨強弱をみて、特定の通貨ペアの勢いが強い時にアラートを鳴らすことができるインジケーターです。

Saikix-Ku-Chart.ex4では、通貨自体の値動きの強弱を判断し、複数通貨ペア分析を簡単に、より高い視点でテクニカル分析を行うことを可能にしています。例えば、ユーロドル(EUR/USD)のレートが上がっていたときに、ユーロドルのチャートだけを見ていても、上昇が主にユーロの買い由来のものなのか、ドルの売り由来のものなのかを判断することができません。通貨強弱では「一つの通貨」にフォーカスをあて、その他の通貨ペアの中で相対的にどんな状態にあるのかを分析します。

サイキックス
サイキックス

通貨は1つの通貨のこと、通貨ペアは2つの通貨の組み合わせのことだから混同しないように注意

Ku-Chartとは

Ku-Chart(クーチャート)自体は、2000年初期からあった有名なインジケーターで、相場環境認識を行う時の強力な武器として、プロのトレーダーにも使われてきました。「Saikix-Ku-Chart.ex4」は既存のクーチャートを完全日本語化し、2022年用に使い勝手を向上、指定の通貨ペアがチャンスになったら通知がくるようアラートを設定したインジケーターです。

Ku-Chartとは…主要8通貨(米ドル、円、ユーロ、英ポンド、スイスフラン、豪ドル、NZドル、加ドル)の値動きをもとに計算される。通貨ペアでの通貨ごとの強さを見ることに役立てることができます。

勝てるボリンジャーバンド手法を常勝トレーダーが教えます【バンドウォークとは】

通貨相関性と通貨強弱の違い

通貨ペアの中には「通貨ペアAが上がったら、通貨ペアBも上がりやすい」といった相関関係、「通貨Aが上がったら、通貨ペアBは下がりやすい」といった逆相関関係のような、互いに影響しやすい値動きの傾向を持つ通貨ペアの組み合わせが存在します。この通貨ペアの類似性を活用して「似ている通貨ペアの価格が上がっているなら、まだ上がっていない通貨ペアもこれからあがるだろう」と仮説を立てるときに使うのが通貨相関性です。

一方、通貨強弱では、通貨ごとのランキングのようなもので、どの通貨が一番上昇していて、どの通貨が下落しているのかを数値化します。これによって「調子の良い通貨と調子の悪い通貨を組み合わせて勝ちやすい通貨ペアを探す」といったアプローチを取ることができます。

サイキックス
サイキックス

複数通貨ペアを見る分析には、通貨相関性と通貨強弱の2つがあります。しばしば混同されやすいので通過強弱と通貨相関性のトレードでのメリットを比較してみました。

通貨強弱をみるメリット
  • 調子の良い通貨と調子の悪い通貨がわかる
  • 相場に急変動があったときに、どの通貨ペアが原因なのかわかる
  • 一方的なトレンドが発生しやすい通貨ペアがわかる
通貨相関性をみるメリット
  • 2つの通貨ペアがどれだけ似た値動きをするのかがわかる
  • 相関性が外れるような局面は強い値動きの発生を表すことが多く、1通貨ペアしか見ていないのに比べて先回りしてトレード判断をすることができる

通貨強弱インジケーター「Ku-Chart」の使い方

各種パラメーター

  • 表示するバーの本数
  • 移動平均線の期間
  • 移動平均線の種類
  • 移動平均線の適用価格
  • ラインの太さ
  • 起点になるローソク足
  • 通貨の表示…true / false
  • 通貨の色
  • アラート値
  • 通貨アラートの…true / false

サイキックス
サイキックス

各通貨ごとのONOFFや色はご自身でカスタムすることができます。

移動平均線の適用価格

適用価格は、Ku-Chartを算出するときに終値、始値、高値、安値、どの価格をベースに算出するかを表します。適用価格ごとに数字が割り振れていて、例えば適用価格のパラメーターを「0」にすることで、終値を「1」にすると始値を算出価格に使用する形になります。

サイキックス
サイキックス

算出する価格によって全くインジケーターの数値が変わってしまうので気をつけましょう。特にこだわりがないのであれば、初期設定の終値ベース(0)で問題ありません。

移動平均線の適用価格

「0」…終値「1」…始値 「2」…高値 「3」…安値
「4」…中間値(高値 + 安値) /2
「5」…平均値1(高値 + 安値 + 終値)/3
「6」…平均値2(高値 + 安値 + 終値 + 終値)/4

通貨強弱インジケーターを表示させたMT4チャート

単純に移動平均線乖離率を超えたらシグナルが出現するように設定しているため、急騰急落の時、指定の乖離率が上回っているときは、連続でサインがでるようになっています。

USD/JPY(ドル円) 1時間足

全ての通貨強弱が表示されている

USD/JPY(ドル円) 1時間足

ドル、ポンドの通貨強弱が表示されている

無料ダウンロードはこちらから【MT4】

クリックするとダウンロードできます。
(サイト内完結、登録不要)

MT4インジケーターの導入手順
  1. インジケーターをダウンロードし、コピーする(ex4かmq4)
  2. MT4内部フォルダの「Indicator」フォルダを開き、ペーストする(MetaTrader4→MQL4→Indicators)
  3. MT4を再起動する
  4. 右上メニューバー「挿入」→「インディケーター」→「カスタム」→「いれたいインジケーター」を選択し、導入完了

おすすめ通貨強弱インジケーター集

2通貨ペアを1画面に表示させるMT4インジケーター

【通貨相関性】2通貨ペアを1画面に表示させるMT4インジケーター

2つの通貨を1つのチャートにまとめることで、他通貨を見ながらのトレードはもちろん、通貨相関性、逆相関性を一目で確認できます。今回ご紹介した 通貨強弱インジケーター「Ku-Chart」や相関係数など通貨強弱を表すたくさんのインジケーターがありますが、通貨ペア同士の相関性は、時間足や時間帯よって全く異なるのでこちらもおすすめです。

FX通貨ペアの相関関数がみれる無料MT4インジケーター

FX通貨ペアの相関係数がみれる無料MT4インジケーター

特定の通貨ペア同士において強い相関性、逆相関性が観測される場合があります。通貨相関性を見ることで、複数通貨ペアでエントリーした時に全てポジションで負けてしまうことが減らすことや思わぬトレードチャンスに繋げることができます。

通貨強弱インジケーター「Ku-Chart」まとめ

サイキックス
サイキックス

今回ご紹介した 通貨強弱インジケーター「Ku-Chart」 は、トレードする通貨に悩んでいるときにとても役立ちます。また通貨強弱を日々ウォッチングすることで、通貨ペアの特徴や関係性がなんとなく頭に入ってきて。トレードの実力アップも見込めます。通貨の強弱が分かるので通貨ペアの方向性が分かりやすく、いつも通貨ペアに悩んでいる方にとてもおすすめのインジケーターです。

サイキックスオリジナルインジケーターなので「ここをこうしてほしい」といった要望や改善点などがあればお気軽にLINEしてください。役に立ったと思ったらブログnoteのサポートをしてくれると嬉しいです。