2022年 最先端BOツール「Benefit Duo」

【MT4】自動でリスクリワードが一瞬でわかる無料インジケーター

この記事は約7分で読めます

FXで利益が出る手法というのは、大きく分けて2種類存在します。1つが「勝率80%代など極端に勝率が高い手法」、もう1つが「勝率自体はそこそこだが、損切り幅に対して1回の利幅が大きい手法」です。勝率が高くてもリスクリワードが低ければ、収支はマイナスとなり、勝率が低くてもリスクリワードが高ければプラスになります。リスクリワード自動表示インジケーターを使うことで、自分の手法がどんなスタイルで利益を得ていくのかを判断することができます。

サイキックス
サイキックス

水平線を動かすだけでリスクリワードをMT4に自動表示するインジケーターSaikix-RR.ex4」を無料配布します。

インジケーターで出来ること
  • リスクリワードレシオをMT4チャートに表示する
  • エントリーをする前にリスクリワードを簡単に確認できる
  • エントリーすべきポイントなのかを客観的に検討することができる

リスクリワード自動表示インジケーター

動画用に文字も水平線も大きく表示していますが、初期設定ではもう少しスマートに表示されます。
サイキックス
サイキックス

Saikix-RR.ex4」はヒゲと実体の割合から、リスクリワードレシオを表示するシグナルツールです。

1と表示されている左側がリスク(損失)、右側がリワード(報酬)を表します。ロングエントリーとショートエントリーのどちらでもリスクリワードを算出することができます。

Saikix-RR.ex4の使い方

  1. 緑ラインで利確ラインを設定
  2. 黒ラインでエントリー価格を設定
  3. 赤ラインで損切りラインを設定

リスクリワードが自動で表示

リスクリワードとは

リスクリワードとは…1回のトレードあたりの利益と損失の比率のこと。

例えば、エントリー価格から利確ラインまで60pips、ロスカットラインまで30pipsだと、リスクリワードレシオは2となります。リスクリワードは、比で表されることもあり、その場合は1:2と表されます。

リスクリワードを算出することでFXでの損益分岐勝率を算出することができます。損益分岐勝率とは平たく言うと「トレードでお金を増やすためには最低どれだけ勝率があればいいのか」を表す勝率のことです。もしリスクリワード1:2の手法を使い続けていたら、勝率が33.3%を0.1%でも超えていれば、利益が出る勝ち手法となります。

またリスクリワードインジケーターと合わせて、当サイトではFX取引でどれくらいの利幅を抜いて何回トレードすれば、目標金額に到達するのか具体的にシミュレーションできる「FX複利シュミレーター」を無償提供しています。

サイキックス
サイキックス

合わせて使うことで、より正確に将来のトレード収支を予測することができます。

リスクリワード自動表示インジケーターのパラメーター

  • 表示させる位置…チャート上にリスクリワードの文字を表示させる場所
  • BIDで算出する… trueでBID(売り値)ベース、falseでASK(買い値)ベースで算出します。
  • X座標
  • Y座標
  • 文字サイズ
  • 文字色
  • エントリーラインの色
  • 利確ラインの色
  • 損切ラインの色
  • ラインの太さ…水平線の太さ
  • ラインのスタイル…点線など

リスクリワードの数値を表示する文字の大きさ、色、利確ライン、エントリーライン、損切りラインの色や太さ、スタイルはパラメーターからお好みでカスタマイズ可能です。

BID値かASK値のどちらを使うか

FXでは買う時の価格と売る時の価格に差分が設けられていて、買いエントリーをするときと売りエントリーをするときでは価格が違います。この差分がスプレッドと呼ばれるものになります。

Saikix-RR.ex4では正確なリスクリワードを求められるように設定からBID(売値)、ASK(買値)を切り換えられるような仕様になっています。デイトレードやスウィングトレードのような時間軸が長いトレードであれば、アスク・ビッドでの影響はあまり受けませんが、スキャルピング(特に秒スキャ)などは大きな影響を受けます。

BID値とASK値の詳しい解説

日本円を売ってカナダドルを買いエントリーする時(ロングポジション)は、BIDの価格が適用され、
カナダドルを売って日本円を買う時(ショートポジション)はASKの価格が適用されます。

持っているポジションを決済する時は、ロングポジションの場合はASK値で決済(買いエントリーの決済=売り)、ショートポジションを持っていた場合はBIDの値段(売りエントリーの決済=買い)が適用されます。

原則的にASK値(買値)>BID値(売値)となります。また、このチャートの場合、86.964(ASK)- 86.930(BID)で差分の3.4pipsがスプレッドとなります。

サイキックス
サイキックス

ボリュームは短期間で急激に変化する動きの激しいテクニカル指標であるので、移動平均線の期間はできるだけ長いもの(期間75)以上を使うと良いと思います。

リスクリワード自動表示インジケーターを表示させたMT4チャート

GBP/JPY(ポンド円) 1時間足

ショートした場合のリスクリワード

ショートエントリーする場合のリスクリワードを算出したい場合は、エントリーライン(黒色)よりもロスカットライン(赤の水平線)を上に、利確ライン(緑の水平線)を下にする必要があります。

GBP/JPY(ポンド円) 1時間足

ロングした場合のリスクリワード

先ほどとは逆に、ロングエントリーの場合にはエントリー価格よりも利確ラインが上、ロスカットラインが下である必要があります。

無料ダウンロードはこちらから【MT4】

クリックするとダウンロードできます。
(サイト内完結、登録不要)

MT4インジケーターの導入手順
  1. インジケーターをダウンロードし、コピーする(ex4かmq4)
  2. MT4内部フォルダの「Indicator」フォルダを開き、ペーストする(MetaTrader4→MQL4→Indicators)
  3. MT4を再起動する
  4. 右上メニューバー「挿入」→「インディケーター」→「カスタム」→「いれたいインジケーター」を選択し、導入完了

絶対入れるべき便利なインジケーター集

過去検証が爆速になるインジケーター

本当に今使っているインジケーターが勝てているのか、新手法の勝率を確かめるときなど過去チャートを、さかのぼる状況というのは多いと思います。しかし、1年前や2年前のチャートをみたいときには、何度もチャートをスクロールして遡らなくてはならず、手間も時間もかかってしまいます。MT4日時指定移動インジケーターでは、日時を指定するとワンクリックで遡りたい過去チャートまでテレポートしてくれます。

FXのスプレッドを可視化するインジケーター

初心者がFXで勝つコツというのは、とにかく自分のトレードを見える化して、客観的なトレードの良し悪しを判断できるようになることです。特にFX初心者であればあるほど、なんでここでエントリーしたのかわからないといった「なんとなくトレード」や、後から考えたらエントリーしないほうがよかったと後悔してしまうような「もったいないトレード」によって利益を減らしてしまうことが多いです。スプレッドインジケーターを使うと、FX取引をする時に必ず発生する取引コストを可視化され、手数料が高い時のエントリーを事前に防ぐことができます。

リスクリワード自動表示インジケーターまとめ

サイキックス
サイキックス

一般的に低リスクリワード・高勝率の手法はレンジを狙った逆張り手法が多く、高リスクリワード・低勝率の手法はトレンドフォローの順張り手法が多いとされています。自分の手法が自分が思うような勝率・リスクリワード・パフォーマンスを出せているかぜひ確認してみてください。

サイキックスオリジナルインジケーターなので「ここをこうしてほしい」といった要望や改善点などがあればお気軽にLINEしてください。役に立ったと思ったらブログnoteのサポートをしてくれると嬉しいです。