2021年最先端BOツール「Benefit」について

【MT4】ストキャスにアラート機能をつけたインジケーターを無料公開

この記事は約5分で読めます

ストキャスティクスの逆張りでエントリーしているが、気づいたら80ラインを超えていてエントリーポイントをいつも見落としてしまう。FXでストキャスが買われ過ぎになったら利確するために使っているが、気づかずに決済が遅れてしまった。というトレーダーの声をよく聞きます。ストキャスアラートを使うことでストキャスを用いたトレードのミスを減らし、期待値と実際の勝率のブレを減らすことができます。

サイキックス
サイキックス

ストキャスティクスにアラート機能をつけたインジケーター「Saikix-Sto.ex4」を無料配布します

インジケーターで出来ること
  • ストキャス指定数値到達でアラートが鳴らせる
  • 純正のストキャスティクスとすべて同じ使い心地

アラート機能搭載ストキャスティクス

ストキャスティクスアラートのMT4チャート

上がサイキックスストキャスティクス(Saikix-Sto)
下が純正のストキャスティクス

サイキックス
サイキックス

「Saikix-Sto.ex4」はストキャスティクスにアラート機能を搭載した日本語対応MT4インジケーターです。

お好みの数値でアラートを鳴らすことができます。ストキャスティクス系のインジケーターは多数リリースしているのですが、中でも「Saikix-Sto.ex4」は極限まで機能を削り、シンプルな構成にしてます。

ストキャスティクスとは

ストキャスティクスとは…一定期間の高値と安値のレンジの中での直近価格の相対的にどの位置にいるかを表す、オシレーター系の代表的なテクニカル指標

RSIやRCIなど他のオシレーター同様、ストキャスの値から買われ過ぎ売られ過ぎを判断したり、オシレーターとメインチャート(ローソク足)の逆行現象であるダイバージェンス、ヒドゥンダイバージェンスの発生をみてトレンド転換を判断したり、売買タイミングを図るのに使われます。

サイキックス
サイキックス

ストキャスティクスは長いので「ストキャス」と略されたり、Sto(スト)と略されたりします。

ストキャスティクスの計算式

ストキャスの計算式

%K=(現在値-N日間の最安値)÷(N日間の最高値-N日間の最安値)
%D=%Kの3日平均
スロー%D=%Dの3日移動平均

サイキックス
サイキックス

計算式を覚える必要はありませんが、ストキャスティクスを使う場合は、具体的にどんな計算をして、何を算出しているのかを理解する必要があります

非公開: 【バイナリー】ハイローの00秒エントリーが勝てない理由【スプレッド】

ストキャスアラートのパラメーター

ストキャスティクスアラートのパラメーター設定
  • %Kの期間...パーセントKの期間
  • %Dの期間…パーセントDの期間
  • Slow%Dの期間…スローパーセントDの期間
  • 通知ライン上…アラートを鳴らす数値の設定
  • 通知ライン下..アラートを鳴らす数値の設定
  • ポップアップアラート …trueでオン、falseでオフ
  • プッシュ通知…trueでオン、falseでオフ
  • メール通知…trueでオン、falseでオフ
  • アラート音…trueでオン、falseでオフ
  • サウンドの種類長め…アラート 時にどのサウンド鳴らすか

ストキャスアラートの設定方法

サイキックス
サイキックス

通知ライン上と下でどこでアラートを鳴らすかをご指定いただく形になります。(初期設定では期間5.3.3 通知ラインは80と20に設定)

アラートはポップアップ、プッシュ、メールなどお好みで選んでいただけるようにしました。「パラメーターの入力」から希望のアラートを「false」→「true」へ切り替えていただくとアラートが鳴るようになります。サウンドの種類は予めMT4の「Sounds」フォルダに導入していただくことでお好きな音を鳴らすことができます。

無料ダウンロードはこちらから【MT4】

クリックするとダウンロードできます。

(サイト内完結、登録不要)

MT4インジケーターの導入手順
  1. インジケーターをダウンロードし、コピーする(ex4かmq4)
  2. MT4内部フォルダの「Indicator」フォルダを開き、ペーストする(MetaTrader4→MQL4→Indicators)
  3. MT4を再起動する
  4. 右上メニューバー「挿入」→「インディケーター」→「カスタム」→「いれたいインジケーター」を選択し、導入完了

おすすめストキャスMT4インジケーター

究極のストキャスティクス

ストキャスのダイバージェンス&アラートを出す無料MT4インジケーター

ストキャスを使ったエントリー手法には、80/20ラインを買われ過ぎライン売られすぎラインとして売買をするストキャスの数値をピンポイントで着目する手法だけでなく、ストキャスは上がっているのに、価格は下がっているといったようにメインチャートとストキャスの乖離を売買サインとするダイバージェンスを利用したものも存在します。究極のストキャスティクスでは、ダイバージェンスの発生を線で教えてくれ、なおかつアラートも鳴らしてくれる優れもののインジケーターです。

RSIアラートインジケーター

【MT4】RSIにアラート機能をつけたインジケーターを無料公開

ストキャスティクスとよく一緒にあわせて使われるインジケーターのRSI。同じオシレーターで同じような動き方をしますが、RSIが全値動きに対して直近の値動きがどれだけ大きく動いたかを分析するのに対して、ストキャスは一定期間の最高値と最安値の中で直近価格が高い位置にあるかを分析します。つまり、RSIとストキャスでは分析対象が異なり、その違いが微妙な買われ過ぎサイン、売られ過ぎサインのタイミングのズレを生み出します。RSIアラートではストキャスアラート同様、RSIの30/70ラインでアラートを鳴らすことができます。

ストキャスティクスアラートまとめ

サイキックス
サイキックス

ストキャスはメジャーなインジケーターで初心者で使っている方も多いですが、奥が深いインジケーターです。
アラートを鳴らすことで、かなりの時間削減、チャートの監視効率アップにつながるでしょう。オシレーターを使った普段のトレードに「Saikixストキャス」をご役立てくださいませ。

サイキックスオリジナルインジケーターなので「ここをこうしてほしい」といった要望や改善点などがあればお気軽にLINEしてください。役に立ったと思ったらブログnoteのサポートをしてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA