2022年 最先端BOツール「Benefit Duo」

【RSIの進化系】ボラティリティの測るオシレーター「RVI」を無料配布

この記事は約7分で読めます

人気インジケーター「RSI」は、世界中で利用され、日々「RSI攻略法」や「RSIの勝てる使い方はなにか」について研究されています。その結果、マルチタイムRSI、RSIシグナルなどRSIを応用した新しいテクニカル指標が続々誕生しています。数あるRSI派生のテクニカル指標の中でも注目しておきたいのが、RSIにボラティリティの概念を取り入れ進化させたRVIという指標です。

サイキックス
サイキックス

RVIを表示し、矢印シグナルとアラート機能を搭載したSaikix-RVI.ex4」を無料配布します。

インジケーターで出来ること
  • RVIをサブウィンドウに表示する
  • RVIのゴールデンクロスで矢印サインを出せる
  • RVIが0ラインを超えたらアラートが鳴らせる

RVIアラート&シグナルインジケーター

サイキックス
サイキックス

Saikix-RVI.ex4」は、RVIをサブウィンドウに表示させ、RVIの売買シグナルを2種類から選びメインチャートに表示させるインジケーターです。

RVIは、「モメンタム系インジケーター」または「オシレーター系インジケーター」にカテゴライズされるインジケーターで、ボラティリティ(変動幅)を考慮した上で、オシレーター特有の明確な買われすぎ売られすぎのサインがあるのが特徴となります。

RVIとは

RVIとは…Relative Vigor Indexの略で、相場のボラティリティの増減を測るオシレーター系&モメンタム系テクニカル指標。日本語だと相対活力指数、相対的ボラティリティ指数などと訳される。

RVIは、ストキャスティクスやMACDのようにRVIラインとシグナルラインの2本のラインから構成されます。シグナルラインはRVIラインを平均化したものであり、シグナルラインとRVIラインの位置関係から買いと売りの勢いを見極めることができます。

RVIの計算式

RVI=SMA(分子,n)/SMA(分母,n)
シグナル線=(RVI+2×RVI1日前+2×RVI2日前+RVI3日前)/6

  • n=終値(当日)–始値(当日)
  • n1日前=終値(1日前)–始値(1日前)
  • n2日前=終値(2日前)–始値(2日前)
  • n3日前=終値(3日前)–始値(3日前)
  • 分母=(n当日+2×n1日前+2×n2日前+n3日前)/6D
    当日=高値(当日)–安値(当日)D1日前=高値(1日前)–安値(1日前)D2日前=高値(2日前)–安値(2日前)D3日前=高値(3日前)–安値(3日前)
  • 分子=(D当日+2×D1日前+2×D2日前+D3日前)/6

RVIとRSIの違い

RVI(アールブイアイ)はRSI(アールエスアイ)をもとに応用したインジケーターです。RSIとは一定期間でどのくらい値上がり・値下がりしたか「絶対的な価格の変化」を示しますが、RVIは「高値・安値の標準偏差」で算出されていることが大きく異なる点です。

大きな違いとしては、得意とする相場の違いです。RSIはレンジ内の動きが得意なのに対し、RVIはボラティリティが高くはっきりしたトレンドが出ている相場が得意です。またRSIのようなトレンド発生時の「天井張り付き」がないのも特徴です。

比較対象RSIRVI
得意なことトレンドの過熱感を見るトレンドの勢いをみる
トレンドの切り替わりをみる
不得意なことトレンドがいつ終わるかを予想する勢いがない相場での攻防の判断
有利な相場環境ボックスレンジ相場
停滞している相場
トレンド相場
ボラティリティが高い相場
不得意なな相場環境継続的なトレンド相場
ボラティリティが一定でない相場
停滞している相場
ボラティリティが少ない相場
サイキックス
サイキックス

RSIは40年前以上前に、JWワイルダー氏によって開発されたテクニカル指標なのに対し、RVIは1993年にドナルド・ドーシーによって開発された比較的新しいテクニカル指標です。

RVIの使い方

RVIでトレードする場合の着眼点としては2点あります。
1つ目は「どれだけRVIが高い数値を出しているか」です。RVIの数値は、0を基準にプラスとマイナスで分かれています。プラスの値が高ければ高いほど、ボラティリティが高い状態かつ上昇への勢いが強く、0に近ければ近いほど、ボラティリティ(変動幅)が少ないことを表し、相場に勢いがなくなってきていることを表します。

2つ目は「RVIラインとシグラルラインの位置関係」です。シグナル線がRVI線を上抜けた状態をゴールデンクロスと言い、今後の上昇を示唆、シグナル線がRVI線を下抜けた状態をデットクロスと言い、今後の下落を示唆します。

RVIの見方
  • プラスの数値が大きい場合は、上昇への勢いが強いことを表す
  • マイナスの数値が大きい場合は、下降に向かう勢いが強いことを表す
  • ゴールデンクロスした場合は、今後上昇へ向かう可能性がある
  • デッドクロスした場合は、今後下降へ向かう可能性がある
サイキックス
サイキックス

RVIを使った手法では、RVI線とシグナル線のゴールデンクロス(デッドクロス)、もしくはRVI線がどれだけ高い値をつけているかをどちらか一方ではなく必ず同時に2つの軸をチェックすることを心がけましょう。

オシレーターのすべてが5分でわかる|最強オシレーター徹底比較

RVIのパラメーター

  • 期間…RVIのパラメーター
  • サインを出す条件…矢印シグナルを出す条件をRVI線と0ラインのクロスか、シグナル線とRVI線のクロスか選択できる
  • アラート…通知のオンとオフ
  • プッシュ通知…MT4のスマホアプリへの通知
  • メール通知
  • アラート間隔(分)…前回アラートから次回アラートまでどれくらいインターバルを持たせるか
  • 最大表示本数...インジを表示させるローソク足の数

表示させるRVIの期間はお好みでご選択することができます。アローは非表示にすることも可能です。アラートは、メール、スマホ通知含め3種対応しています。

サイキックス
サイキックス

RVIの矢印サインは、ゼロラインとRVI線のクロス出すのか、シグナルラインとRVI線のクロスで出すのかをパラメーターから選ぶことができます。

ゼロラインとRVI線のクロスでアロー出現

USD/JPY(ドル円) 15分足 RVI 期間20

シグナルラインとRVI線のクロスでアロー出現

USD/JPY(ドル円) 15分足 RVI 期間20

同じチャートであっても、ゼロラインとRVI線のゴールデンクロス or デッドクロスでサインを出す設定と、RVI線とシグナルラインのクロスでサインを出す設定では、売り買いのポイントが大幅に異なることがわかります。ゴールデンクロス、デットクロスによる売買シグナルと絶対的な値による売買シグナルを複合的にみることが重要です。

無料ダウンロードはこちらから【MT4】

クリックするとダウンロードできます。
(サイト内完結、登録不要)

MT4インジケーターの導入手順
  1. インジケーターをダウンロードし、コピーする(ex4かmq4)
  2. MT4内部フォルダの「Indicator」フォルダを開き、ペーストする(MetaTrader4→MQL4→Indicators)
  3. MT4を再起動する
  4. 右上メニューバー「挿入」→「インディケーター」→「カスタム」→「いれたいインジケーター」を選択し、導入完了

RVIと合わせて使いたいインジケーター集

1つのチャートにたくさんRSIを表示するインジケーター

【MT4】4個のRSIをマルチタイムで同時表示するインジケーター

人気が高いRSIを応用したインジケーターの共通点として「RSIを多角的にみれる機能を搭載している」ことがあげられます。その際たる例がマルチタイムフレーム分析(MTF)であり、複数の時間足のRSIをみることで、大きい目線での買われすぎ売られすぎをみることができます。複数足同時表示RSIでは最大4つ別の時間足のRSIを同時表示できます。

究極のストキャスティクス

ストキャスのダイバージェンス&アラートを出す無料MT4インジケーター

RVIは、RSIを原型に進化させていますが、実はRVIと計算式や考え的に一番似ているインジケーターはRSIではなく、 ストキャスティクスなのです。RVIと組み合わせた手法で高い勝率を出せた場合は、RVIをストキャスティクスに置き換えることで勝率が1〜2%程度上昇する可能性があります。(逆もまた然り)

RVIアラート&シグナルインジケーターまとめ

サイキックス
サイキックス

RVIはマイナーではありますが、奥が深いインジケーターです。ぜひオシレーターを使って普段取引されている方は、一度入れてみてみてはいかがでしょうか。

サイキックスオリジナルインジケーターなので「ここをこうしてほしい」といった要望や改善点などがあればお気軽にLINEしてください。役に立ったと思ったらブログnoteのサポートをしてくれると嬉しいです。