2022年 最先端BOツール「Benefit Duo」

はらみ足上位互換”マスターキャンドル”シグナル|MT4インジケーター

この記事は約6分で読めます

ローソク足パターンには、順張りで使えるローソク足、逆張りで使えるローソク足、勝率を上げるためのフィルターとして使えるローソク足の3種類に分けることができます。フィルターとして使えるローソク足というのは、大抵、短期的にヨコヨコ、方向感がないことを表す弱いプライスアクションを表すローソク足パターンで、その際たるローソク足パターンがマスターキャンドルというローソク足パターンです。

サイキックス
サイキックス

大陽線、大陰線に次足以降の何本かがすっぽりはらんだ場合に、矢印サインを出現させるインジケーターSaikix-Mastercandle.ex4」を無料配布します。

インジケーターで出来ること
  • はらみ足よりも精度が高く、相場の停滞に気づくことができる
  • 方向感が出ていない場所がわかり、無駄なトレードを減らすことができる
  • アラート、スマホ通知、メール通知に対応

マスターキャンドルシグナル

サイキックス
サイキックス

Saikix-Candle-Signal.ex4」はマスターキャンドルというローソク足パターンでサインを出せるシグナルツールです。

マスターキャンドルというローソク足パターン

マスターキャンドルとは…1本の長いローソク足の中に続く4本のローソク足がはらんでいるローソク足パターン(プライスアクション)のこと。酒田五法”はらみあし”の上位互換で、海外だとインサイドと呼ばれることもある。

マスターキャンドルとはらみ足は、似ていますが若干の違いがあるため、注意しましょう。

マスターキャンドルが成立するための条件としては「1本目の足の最高値と最安値の範囲を、2本目〜5本目の足が収まっていること」です。これに対し、はらみ足の成立条件は「1本目の足の高値と安値の範囲に、2本目の足全体が収まっていること」に加え「1本目の実体部分も、2本目の始値と終値(実体)が超えていないこと」となります。

サイキックス
サイキックス

はらみ足とマスターキャンドルでは、”実体を条件成立に含めるか””判定するローソク足の本数”において違いがあります。混同しないようにしましょう。

マスターキャンドルを使ったトレード手法

マスターキャンドルのトレードでの使い方は、トレード敬遠とブレイク狙いの2種類が考えられます。マスターキャンドルとは、一度作った大陽線ないし大陰線を中々超えられないというローソク足パターンであることから、相場に積極性がなく、方向感が出ていないことを表します。

そのため、イメージとしてはボックスレンジ内のトレードと同じで、マスターキャンドルで作られた長いローソク足を抜けるまでは、わざわざエントリーしても勝率が低く、どちらにブレイクするかも不明なため、大怪我をする可能性が高い場所としてエントリーを避ける”フィルター”として使用することができます。

逆にマスターキャンドルの長いローソク足をブレイクした後は、レンジをブレイクしたのと同じように一定程度価格が伸びることが予測されるため、停滞ブレイク狙いでエントリーを仕掛けることもできます。

サイキックス
サイキックス

相場の停滞に気づけるまでの早さは「はらみ足→マスターキャンドル→ボックスレンジ」の順でありますが、逆にダマシも「はらみ足→マスターキャンドル→ボックスレンジ」の順番で多くなります。マスターキャンドルは、はらみ足よりは信頼性が高く、レンジより早く停滞に気づけるローソク足パターンとなります。

マスターキャンドルの各種パラメーター

  • 判定本数…何本ローソク足をはらんだらサインを出現させるか
  • 確定足判定…trueにすると確定足ベース(次足で切り替わるタイミング)でサインが出現され、falseだと条件が成立出した瞬間にサインが出現(falseの場合は、後のプライスアクションのよってサインが取り消されることも)
  • 実体のみで判定..trueにすると実体ベース(始値終値)でのはらみを検知するようになる
  • 高値ラインの色
  • 安値ラインの色
  • ラインの太さ…表示される水平線の太さ
  • アラート…アラートのオンとオフ
  • プッシュ通知…スマホ通知
  • メール通知

本来マスターキャンドルでは、次の足から4本以内のローソク足を基準にサイン点灯となりますが、サイキックスのマスターキャンドルシグナルでは、”何本のはらみ足でサインを点灯させるか””実体でのはらみ足でサインを点灯させるか”など自由にカスタマイズできるようになっています。

サイキックス
サイキックス

判定本数は長ければ長いほど、サイン発生条件は厳しくなり、サインの数が厳選されます。加えて、実体のみで判定の方が、ヒゲを判定に含める場合と比べてサインの数は絞られます。

マスターキャンドルシグナルを表示させたMT4チャート

CAD/JPY(カナダ円) 5分足

判定本数「4」 実体のみで判定「false」

もたついている局面や短期トレンド転換が起きる場面でサインが多く出ていることがわかります。

CAD/JPY(カナダ円) 15分足

判定本数「4」 実体のみで判定「false」

経済指標発表や大きなファンダメンタルがあったなど、急騰急落が起こる場面ではマスターキャンドルシグナルが発生することが多くなります。

無料ダウンロードはこちらから【MT4】

クリックするとダウンロードできます。
(サイト内完結、登録不要)

MT4インジケーターの導入手順
  1. インジケーターをダウンロードし、コピーする(ex4かmq4)
  2. MT4内部フォルダの「Indicator」フォルダを開き、ペーストする(MetaTrader4→MQL4→Indicators)
  3. MT4を再起動する
  4. 右上メニューバー「挿入」→「インディケーター」→「カスタム」→「いれたいインジケーター」を選択し、導入完了

おすすめローソク足シグナル集

はらみ足サインツール

今回配布しているマスターキャンドルシグナルの元となっているのが、はらみ足シグナルです。はらみ足シグナルでは、はらみ足が出たタイミングでサインがなり、トレンドフォロー手法でのエントリー判断、利確判断に使うことができます。

ピンバー逆張りシグナルツール

マスターキャンドルは、相場の停滞、もしくは短期トレンドの切り替わりでサインが表示されることの多いローソク足パターンです。これに似たような場面で表示されるローソク足パターンとして”ピンバー”が挙げられます。ヒゲに対して実体が極端に短いローソク足であるピンバーは、相場が迷っている状態、またトレンドの転換局面で買いと売りが拮抗している状態で出現することの多いローソク足です。

マスターキャンドルシグナルまとめ

サイキックス
サイキックス

マスターキャンドルシグナルは、マスターキャンドルは名前についていますが、はらみ足、チャートパターンとしてのインサイド、実体のみのはらみ足など”相場の弱さ”を様々な角度から分析ができる自由度の高いローソク足分析インジケーターです。

サイキックスが配布しているインジケーターは、全て私が自作しているオリジナルインジケーターなので「ここをこうしてほしい」といった要望や改善点などがあればお気軽にLINEしてください。役に立ったと思ったらブログnoteのサポートをしてくれると嬉しいです。