2022年 最先端BOツール「Benefit Duo」

【MT4】RSIのダブルトップで逆張りシグナルを表示するインジケーター

この記事は約7分で読めます

RSIの逆張り手法でエントリーしているけど中々勝てない。という方も多いのではないでしょうか?RSI手法の勝率の高める方法として「RSIのダブルトップ」をフィルターに取り入れる方法が、トレード必勝法として紹介され、海外で密かに人気を集めています。実際にどれくらい勝てる手法なのかを数値化するために、勝率表示機能を搭載したRSIのダブルトップ・ダブルボトム逆張り戦略をシグナルツールを開発しました。

サイキックス
サイキックス

今回は、RSIが買われすぎ売られすぎラインでダブルトップをつけたら逆張りシグナルを出現させるサインツール型インジケーターを無料配布します。

インジケーターで出来ること
  • RSI70・30付近でRSIが2番底をつけた場合に逆張りサインが出せる
  • RSIの天井・底値張り付きを排除して、ダマシを減らすことができる
  • RSIのダブルトップでLINEに通知が送れる

ダブルトップRSIシグナル

サイキックス
サイキックス

「Saikix-Doubletop-RSI.ex4」は、RSIのダブルトップ・ダブルボトムで逆張りサインを出現させる完全日本語対応MT4インジケーターです。

従来のRSI手法の問題点として、買われすぎライン70で反発すると思ったら「80」で反発してしまった、RSIが天井に張り付いてしまい、中々反発タイミングがつかめないということがありました。ダブルトップRSIシグナルでは、RSIの買われすぎ売られすぎ水準(70・30付近)でRSIが2番底をつけた場合に逆張りサインが出現される仕様になっていて、直近でRSIが一度反発をしたポイントでサインを出してくれるので、通常よりもRSIの反発をピンポイントで掴みやすくなっています。またLINE通知機能がついているため、出先にいてもサインの発生を通知で受け取ることができます

ダブルトップ・ダブルボトムRSIのスペック
  • リペイントなし
  • アラート、メール通知、プッシュ通知、LINE通知機能を搭載
  • 勝率表示機能を搭載

RSIとは

RSIのダブルトップシグナルを使う前に、アールエスアイの仕組みを学んでおきましょう。

RSI(アールエスアイ)は相対力指数と呼ばれるように、RCI、ストキャスティクスなどの他のオシレーターと比べて「相場の過熱感」に特化したインジケーターです。RSIでは期間中の「上昇した値幅」「下降した値幅」を比較することで買われすぎ売られすぎを判断します。

RSIが得意なことトレンドの過熱感を見る
RSIが不得意なことトレンドがいつ終わるかを予想する
RSIが有利な相場環境ボックスレンジ相場、停滞している相場
RSIが不利な相場環境継続的なトレンド相場
ボラティリティが一定でない相場
RSIの計算式(期間14の場合)

最初の平均上昇幅=(14日間の上昇幅の合計)÷14
平均上昇幅=(前日までの平均上昇幅x13+直近の上昇幅)÷14

オシレーターのすべてが5分でわかる|最強オシレーター徹底比較

ダブルトップRSIシグナルの使い方

各種パラメーター

  • 期間…RSIのパラメーター
  • ダブルトップ判定足…RSIのダブルトップの1回目の天底を判定するローソク足(現在足からn本前)
  • ダブルトップ戻り判定足...RSIのダブルトップを戻りを判定するローソク足(現在足からn本前)
  • MTFの時間軸...マルチタイムフレームで他の時間足のサインを出したい場合の設定
  • RSI上限..買われすぎサインを出すRSIの数値
  • RSI下限..売られすぎサインを出すRSIの数値
  • アラート通知
  • メール通知
  • プッシュ通知
  • LINE通知
  • LINEトークン

RSIダブルトップモニターは、シグナルをマルチタイムフレームで表示するだけでなく、アラート、メール通知、プッシュ通知(スマホ通知)機能、そしてLINE通知が搭載されています。

MTFの時間軸の設定

1=1分足 5=5分足 15=15分足 30=30分足
60=1時間足 240=4時間足 1440=日足

(MTFを使用しない場合は0)

ダブルトップRSIのエントリー条件の設定

ダブルトップRSIでは、あらかじめ設定したRSI上限・下限ライン付近で反発(1番)し、その後戻りをつけて(2番)、また上限・下限を超えた場合(3番)にサインが出るインジケーターになっております。

パラメーターの「ダブルトップ判定足」では、1回目の反発(1番)を現在足から何本前にするか、「ダブルトップ戻り判定足」では、ダブルトップの一時的な反発の部分(2番)を現在足から何本前にするかを設定することができます。

RSIの戻り幅

RSIの戻り幅…ダブルトップ(ダブルボトム)の戻りを判定するときにRSIの数値がいくつ戻ったら「戻り」として判断するか

RSIの戻り幅では、RSIが一度反発した後の戻り幅を、RSIの数値ベースで設定することができます。設定されている戻り幅が15であれば、RSIの上限(ここでは仮に70とします)から15下がって、RSI55をつけた場合にシグナルを出す仕組みになっています。

サイキックス
サイキックス

RSIの戻り幅を小さくすればするほど、わずかな反発でもダブルトップとして認識するようになります。ダブルトップの判定が甘くなる分、サインの回数は増えますが、ダマシも多くなります。

RSIダブルトップ・ダブルボトムの勝率判定

RSIダブルトップシグナルでは、勝率表示機能が搭載されています。エントリー回数は、読み込む限りの全てのローソク足を対象にしています。特にRSIのダブルトップシグナル自体、サインの総数が少ないため、通貨ペアによっては、勝率30%のものもあれば、70%を超えるものもあったりと、表示する時間軸や通貨ペアによって大きく勝率が変動します。

サイキックス
サイキックス

勝率判定の勝ち負けの基準は、「サインが出た次足でシグナル通りに動いているか」としています。FXでエントリーされる場合やバイナリーでも2本足先判定、長期足判定をされる場合には、勝率は変動しますので、あくまで参考程度に捉えておくようにしましょう。

RSIダブルトップの勝ちパターン

ダブルトップをつけた後に綺麗にローソク足とRSIが下落している。従来のRSIシグナルでは、勝ちパターンであってもローソク足単位の反発のみのものが多かったが、RSIのダブルトップシグナルの勝ちパターンをみると、波形(サイクル)を伴って反転していることが多く観測された。

RSIダブルトップの負けパターン

RSIがダブルトップをつけ、1回反発が行われたのちに、再度RSIが揉み合い、天井圏で張り付きを起こしてしまっているような状態。

無料ダウンロードはこちらから【MT4】

クリックするとダウンロードできます。
(サイト内完結、登録不要)

MT4インジケーターの導入手順
  1. インジケーターをダウンロードし、コピーする(ex4かmq4)
  2. MT4内部フォルダの「Indicator」フォルダを開き、ペーストする(MetaTrader4→MQL4→Indicators)
  3. MT4を再起動する
  4. 右上メニューバー「挿入」→「インディケーター」→「カスタム」→「いれたいインジケーター」を選択し、導入完了

おすすめRSIインジケーター集

RSIの買われすぎ売られすぎでローソク足の色を変えるインジケーター

RSIが指定数値を超えるとローソク足の色が変化する無料MT4インジケーター

RSIをお使いのトレーダーの中で「RSIを表示させていたのによくみずにいたら、気づかずRSI70以上の場所でロングエントリーしてしまった」「RSIの買われすぎ売られすぎは大切だとはわかっているが、いまいちどうすればいいのかピンときていない」という方は意外に多くいらっしゃいます。RSI指定値色変化インジケーターでは、RSIが一定の数値を上回るとローソク足の色が変わるため、RSIの見落としを減らすことができ、RSIが反応するチャートはどのようなチャートなのかを一瞬で判断することができます。

RSI逆張りシグナル

RSI30/70到達で逆張りシグナルを出すMT4無料インジケーター
サイキックス
サイキックス

大人気手法「RSI上限、下限での逆張り」をシグナルツール化

ダブルトップRSIシグナルのまとめ

サイキックス
サイキックス

RSIのダブルトップを狙ったトレード手法は、バイナリーオプション、スキャルピングなどで短期的な反発を狙うのに加えて、大きなトレンド転換を見る際にも使用することができます。パラメーターを何度もいじり最も自分のトレードスタイルにマッチしたパラメーターを使うようにしましょう。

サイキックスオリジナルインジケーターなので「ここをこうしてほしい」といった要望や改善点などがあればお気軽にLINEしてください。役に立ったと思ったらブログnoteのサポートをしてくれると嬉しいです。